本文へスキップ

高校入試の作文で合格点を取る三つのコツについてご案内しています。

高校入試の作文HEADLINE

はじめに

高校入試の作文で合格点を取る3つのコツをポイントを絞ってご紹介する。しっかり身に付けて、役に立ててほしい。入試作で文は「うまさ」よりも脇を絞めた「ミス」の少なさを意識しよう。ミスをなくすには毎回決まった型で書く。型を練習すれば書くスピードが上がる。素早く、ミスなく課された文字数を書き上げることで合格点を取る。そのためには3つのコツがある。

合格点を取る三つのコツその1:文章のテーマに合わせる

与えられた文章に対して考えを述べるので、文章のテーマに合わせた作文を書く。最終段落での筆者の考えを見つけて、線を引き、その考えに対して自分の意見を書く。どんなにうまく書けてもテーマからずれていたら減点となる。

合格点を取る三つのコツその2:いつも決まった型で書く

入試作文は感想文ではなく、小論文である。この小論文の型を毎回書いて、書くスピードを上げて、他の問題にも手を回す。具体的には下記を参考にしてほしい。

1段落目を以下のように書き出す。
  • この文章で筆者は〜と述べているが、私もそう思う。
  • この文章では〜ということが示されているが、私も実感することがある。
  • 1段落目では自分の考えが筆者の意見に賛成であると定義する。賛成の立場にすると書きやすい。反対は問題文以上に文章力・説得力が必要なので、ハードルが高く、追いかけるメリットもない。
  • 書き出しの後に、「確かに〜かもしれない。しかし〜だ。」という文に当てはめて書く。自分の反対の考えを挙げて、「しかし」と書き、自分の考えを述べて説得力を出す。
2段落目を次のように続ける。
  • 例えば、通学しているときに〜のようなことがあった。
  • 例えば、友人との間で〜のようなことがあった。
  • 例えば、先日テレビで〜というニュースが報じられていた。

作文では「あなたの体験をもとに」という条件を加えている高校が多い。特に体験を盛り込むことが条件になっていない場合でも、2段落で体験談を紹介することで、1段落で述べた意見が正しいことの証明となる。都合の良い体験談がなければ創作してもOK。体験談のあとに、「このことからも〜ということがいえる。」といように、具体例から学んだことを1段落で述べた意見とずれないようにまとめれば完成。

合格点を取る三つのコツその3:よくあるミス、直せるミスは完全チェック

作文の採点は減点式。好表現があっても加点されないが、ミスがあれば確実に減点対象になる。
  • 「だ・である」調「です・ます」調が混じっているのを「だ・である」調に統一する。
  • 「話し言葉」があるなら「でも、だけど」→「しかし」/「なので」→「だから」/「やっぱり」→「やはり」というように「書き言葉」で書く。
  • 漢字のミスがある→よくあるのが「友達」の6〜8画目の横線を2本にしてしまうミス。正しくは3本。
  • 「事・時・物」が漢字→形式名詞であり、「こと・とき・もの」とひらがなで書く。
  • マスの使い方ミス→段落最初の1マスは空けて書く。
  • マスから字がはみ出している→減点対象になるので書き直す。ひらがなのかたちにも要注意。

終わりに

上記の三つコツを踏まえて、何回も書く練習をすることであなたの作文は絶対にうまく、そして速くなります。受験まで気を緩めず書く練習を続けて必ず合格しよう。