本文へスキップ

英検準1級(CSEスコア)の勉強法をご案内しています。試験の概要を知って合格を引き寄せよう。とも英語塾 府中

英検準1級の勉強法HEADLINE

準1級の合格率

一次試験(筆記とリスニング問題)は14%前後の合格率。10人に1人合格。二次試験(面接)は80%前後なので、一次試験突破が鍵だ。

準1級の難易度

大学中級程度で語彙力は7000語以上。いわゆる難関大学合格は6000語程度必要。大学受験英文法の体系的な知識、大学受験の模試で偏差値70超えのレベル。

準1級の合格点

一次試験は70%前後、75問99点満点中73点合格(旧テストスコア)。現在はCSEスコアで各技能のスコアの合計で合否が判定されるているが、合格するための正答率は旧スコアと大体同じ70%以上。(正確な合格スコアはCSEスコアで2年以上集計しないと出てこない。)二次試験の合格率は80%前後で、一次の語彙がある人は面接形式でリハーサル特訓を続ければ合格を引き寄せられる。

準1級のメリット

主なメリットは大学受験英語の先取り、国内大学の受験優遇、海外短大・大学の留学基準の三つ。

準1級の勉強法

  • 計画を予定表に書く。今日何をやるか明確にして、コツコツと短時間でも毎日取り組む。週末を調整日にして、平日にできなかった予定分の遅れを解消する。
  • まず、過去問1回分を制限時間内に解き、現時点での自己分析をする。※英作文は先生が添削
  • 速読力と単塾語力とリスニング力は強い関連性がある。速く読むには単語・塾語(・構文・文法)の力が絶対条件で、読める単語が増えればリスニングの力も比例する。でる順パス単で出題頻度の高い単語から覚えて最短で合格を目指す。暗記するには単語の前後でどんな使われ方をしているかチェック。
  • 英作文の配点は20点で減点式。メールの三つの質問に文法・単語のミスなく100字前後書く問題。過去問を毎回同じ型で作文し、速く正確に書けるように練習しよう。※2015年度第二回検定で中学2年生さんが満点の20点!
  • 長文は設問先読みで、問われているところをタテ読みとヨコ読み使い分けて探しに行く。予想問題ドリルを時間内で解いて丸つけし、ミスした場所の解説を読み込む。解いたことに満足せず、わからない単語は調べて、正解の根拠を明確にしよう。
  • ミスしたところをノートにまとめ、思考過程を記録し、自分専用の英検準一級参考ノートを作る。大切なのはミスした問題をどれだけ大事にできるかだ。書きこむたびに前のノートを復習して覚えきる。家で音読で仕上げる。
  • リスニングは総合対策教本や過去問を何回でも聞いて、徐々に聞き取れる範囲を広げ、出題傾向に慣れる。解説を読んで、試されている文字と意味、意味と音、音と文字を連動させて身に付ける。家でCDに合わせて原稿を音読する。
  • 合格は塾外での勉強量で決まる。習いっ放しにせず、暇さえあれば音読で暗記して身に付ける。
  • 英語塾では自分のペースを守って自習形式で進むが、高校生の学習は受け身ではいけないのだ。君が主体的になればなるほど学力は上げる。自分で進んで苦手問題を注意深く丁寧に何回でもやり、わからないところは遠慮なく質問しよう。社会に出たら、「指示待ち人間」に未来はない。
  • 学力は難題に当たって、頭を使い続けることでつく。粘り強く、集中して合格を目指そう。